スピリチュアリティ研究の到達点と展開 ― 日本トランスパーソナル心理学/精神医学会二十周年記念論文集 ―』

石川勇一ほか[著]

定価(本体2,200円+税)

ISBN978-4-434-25618-9 C0011

スピリチュアリティ研究の到達点と展開 ― 日本トランスパーソナル心理学/精神医学会二十周年記念論文集 ―

人間の可能性と新たな世界観を
学際的に模索する一冊!

【本書の内容】

第1部

トランスパーソナル心理学の展望

第1章 トランスパーソナル・ムーヴメントの意義と課題
──心理臨床とブッダ・ダンマの視点から──

第2章 トランスパーソナル心理学と東洋思想

第3章 〈やまとごころ〉からの心理学
──公開シンポジウム『魂との出会いを語る』を終えて──

第2部

スピリチュアリティの研究

第4章 「永遠の哲学」における「気づき」の存在論
──マインドフルネスの新たな基礎づけを求めて──

第5章 「全体的霊的平和」(ホリスティック・スピリチュアル・ピース)概念の提唱

第6章 星野道夫のスピリチュアリティ
──文学作品から日本人の志向するスピリチュアリティの一形態と、その多様性を考える試み──

第7章 クンダリニーの目覚めと対処法、集合的沸騰
──デュルケムの集合的意識の理論を念頭に置いて──

第8章 「大きな問い」とボランティア活動に関する研究
──大学生のスピリチュアリティを育む一事例──

第9章 臨死体験による一人称の死生観の変容──日本人の臨死体験事例から──

第3部

トランスパーソナルと臨床

第10章 加藤清とトランスパーソナル精神医学

第11章 ミュージック・サナトロジーの地平からみたスピリチュアルケアの様相

第12章 「プレゼンス」の技法──ハコミの「ラビング・プレゼンス」概念から──

© www.kosmos-lby.com